コラム

古紙よもやま話 “古紙とは何か”

古紙とは家庭や企業などから発生する紙で、ゴミとは別にリサイクルを目的に分別された紙の事を言います。一般的には新聞、雑誌、段ボールなどですが、私たちのまわりにある様々な紙が古紙となります。また発生源により、産業古紙と回収古紙に大別されます。

 

産業古紙は段ボール工場、印刷・製本工場、新聞社、製箱工場、出版社などから出る古紙の事で、紙の裁ち落とし、損紙(印刷不良品)、残紙(売れ残りの新聞)、残本(売れ残りの本)など、未使用・未利用の紙を含みます。

 

回収古紙は、家庭、商店街、デパート、スーパーなどから出る使用済みの紙を言います。

家庭から発生する古紙回収は、主に町内会、自治会などによる集団回収と、行政により定期的に行われる行政回収があります。

 

その他、紙パックの回収や、オフィスからの古紙回収が各地で行われています。

紙パックの回収は、集団回収や地方自治体による回収やスーパーなどの協力により、各地で行われています。

オフィスではOA機器の普及で紙ゴミの排出量が増え、機密書類処分も加わり、新たな古紙の発生源となっています。

 

こうした色々のルートを経て回収された古紙は、再生資源業者を通じて直納業者に集められます。

直納業者は、この古紙を梱包機械で1トン位の大きさにプレスして、ワイヤー掛けして運搬出来るようにした上で製紙会社に納入します。また一部は輸出されます。

 

 

 

カテゴリー
スタッフブログ (44)
お客様の声 (3)
回収日記 (1)
コラム (15)
スタッフ紹介 (1)
CSR (1)
実績紹介 (4)
自社車輌便 (1)
古紙の豆知識 (2)